ABOUT

注:本サイトでは、「ABOUT」、「PROFILE」、「SPECIAL」ページ以外のページにアクセスするには、パスワードの獲得が必要です。


最新情報 1:「NLP 学習必携バイブル: 完全リミッター解除ワーク」ビデオ動画化が完了して、ビデオ収録商品が、ビデオ販売開始記念特別キャンペーンとして、特別廉価版販売されています。以下に、ビデオ紹介サイトがあります。

http://www.office-kitaoka.co.jp/kitaoka-coaching/

参考までに、「NLP 学習必携バイブル「究極のリミッター解除ワーク」の 6 分間のプレビュー版を Youtube にアップさせていただいていますので、ご興味のある方は、閲覧してみてください。

https://youtu.be/1XLWWzPbi34

本「販売開始記念キャンペーン」の対象資格者は、「クローズド会員制クラブ」の登録会員とさせていただきます。以下のサイトで無料会員登録すると、本キャンペーンの詳細情報を入手することができます。

北岡エッセイ無料閲覧 & 「クローズド会員制クラブ」無料登録



 

最新情報 2:『クローズド会員制クラブ』(『新北岡遇辺メルマガ』) 会員サイト (本ページの下部参照) には、本サイトの限定登録会員になるための 5 つの条件が列挙されていますが、北岡は、最近、これらの条件は必要ない、と主張して、新たに、2 つの条件だけ満たせばいい、と提唱し始めています。詳しくは、以下をクリックしてください。

http://www.guhen.jp/20160829.htm

最新情報 3:最近、北岡は、「自己啓発難民」と「真の成功哲学者」の差を明示化することに成功し、かつ、どのようにしたら前者が後者に変容できるかの方法を発見しました。

この方法論に基づき、北岡は、現在、個人セッションで選抜クライアントに、「自己啓発難民」を脱却して永続的に「真の成功哲学者」であり続けることができ、あるいは、「無意識的天才」の方が「業界の指導者たるドン」になれるようなノウハウを直接伝授しています。

このような北岡ワークに興味のある場合は、以下の無料登録フォームを使って、「北岡クローズド会員制クラブ」の会員になって、「新北岡遇辺メルマガ」を閲覧してみてください。


今後、このメディアを使って、北岡の奥義的な教えについて、クローズドの会員にだけに情報提供していきます。これらの情報には、ニューズレター、動画、音源等が含まれるものとします。

会員資格は、北岡エッセイ「レモンの味を知らなくてもレモンの味を創出できる方法論:完全解説」無料ダウンロード閲覧の登録者です。

無料閲覧登録は以下で可能です。登録者の方には、自動返信で、本サイトへのアクセスのためのユーザー名とパスワードが送られます。


北岡エッセイ無料閲覧 & 「クローズド会員制クラブ」無料登録



 


なお、本サイトの情報は、以下の方々のために提供されています。

1) 「化ける」可能性のある方々 (「化ける」とは、NLP 創始者のジョン グリンダー氏の言う「個人的天才」になるということであり、北岡は、「自分のいる業界で第一人者になる」ことという定義をしています)

2) 左脳的情報知識ではなく、右脳的体感知識を求めている方々 (北岡エッセイ「レモンの味を知らなくてもレモンの味を創出できる方法論:完全解説」で言及したガリー ラヒマン (この方は、必ず研究対象とすべき思索家です) は、ある本の中で「グノーシス派の人々は、『語ることのできない』神について、沈黙するか、踊る。ただし、彼らは、(北岡注:ヴィトゲンシュタインのように) 神について語り尽した後、(北岡注:それでもなお語り尽くせないので、しかたなしに) 沈黙するか、踊るのだ」という意味のことを言っています。左脳的知識 (エピステーメ) は、あくまでも「表現できない超越者」について体感的知識 (グノーシス) を獲得するためだけにあります)

3) 現象界の裏にある原理原則を求めている方々 (北岡の過去 30 年以上の奥義的研究によれば、目に見える現象界がすべてではなく、現象界を生み出している世界が存在している、という考え方が、「オカルト (隠秘学)」の基本になっています。NLP 的に言えば、現象界を超えた世界が「意図」で、現象界が「結果」です。現象界の問題は現象界のレベルで解決するという「対処的アプローチ」が世の常識ですが、本サイトで紹介する「隠秘学」的北岡ワークは、すべて、「現象界を超えた世界のレベルでの『操作』による現象界の問題解決あるいは目的達成」の方法を扱っています)

4) 学際的な方々 (少なくとも二つ (理想的には、三つ) 以上の分野で学習を極めていると、すべての分野に普遍的に適用される法則があることがわかります。この「普遍的に適用される法則」を体感できる抽象性がないと、本サイトの情報は適切に理解できないと思います)

5) 自分のアイデンティティを相対化する用意のある方々 (たとえばですが、人間は生まれたとき、言語を習得していなくて、幼児期に日本語マインド、英語マインド、その他が後天的に形成されるだけです。ということは、日本語マインドで思考するということは、その文化的拘束の中で物事を考えています。NLP 的に言って、この状態では、「自分の箱から出ること」は不可能なのは、火を見るより明らかです。外国語を習得することが必ずしも必須であるとは言いませんが、自分の思考の限界性を常に認識できている必要性は必須です)

6) 独自の判断のための絶対的基準を求めている方々 (日本では、戦後教育のために、相対的可視的評価がないと独自の判断ができない人々が多すぎます。ノーベル賞、芥川賞を取ったから、オリンピック競技で優勝したから、または、大臣になったから偉いというのは、あくまでも相対的基準評価です。なお、北岡が過去 30 年以上にわたって研究・習得してきている「奥義的知識」は、オルダス ハックスリーの言う「永遠の哲学」に基づいた絶対的普遍的基準の知識です。この知識 (グノーシス) は、流行、毎日のニュース、Wikipedia の記載内容等 (エピステーメ = 情報知識) によって左右されることは絶対にありません)

(なお、もうひとつ条件として、「7) ロバート シャインフェルトの「ザ プロセス」のアファメーションを充分理解、継続的に実行している方々」があります。これは、北岡が 2015 年 6 月にこの方法論を知ってから、「とんでもないこと」が連続してきて起こってきていて、その後北岡が独自開発した演習、あるいは、北岡が出会った思索家のほとんどは、この方法論が基になっているので、本サイトの内容を理解するには、「ザ プロセス」の実行が必須になっているからです。かりにもしまったく次元の違う「ザ プロセス」と他の普通のアファメーションの違いが体験できないのであれば、「レモンの味を知らなくてもレモンの味を創出できる方法論:完全解説」でも指摘したように、その原因は翻訳書にあると思われます。)

 

本サイトは、以上のカテゴリに当てはまらない方々、もしくは、このようなカテゴリの人間になりたいと思わない方々のためには設けられていません。

このサイトのアクセス者で、以上のようなカテゴリの人間になりたいと思う方に対しては、私としては、全身全霊で支援させていただきたいと思っています。

ただし、その本人にかわって私が「修行」することはできないのは、自明すぎることなので、たとえば英語習得を目指すとか、関連書籍を読み込む、とかいった学習を通じて、自分自身の「古い思考習慣を新しい習慣で置き換える」ための、あるいは「エピステーメ (左脳的知識) をグノーシス (体感的知識) 化する」ための切磋琢磨の努力と訓練は「必須」ですので、この点はどうか予めわきまえておいていただけたらと思います。

切磋琢磨を継続する必要を理解したうえで、ご自身の判断でエッセイの閲覧継続/登録解除をお願いします。

閲覧登録解除は以下で可能です。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=298383

閲覧再登録は以下で可能です。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=298383

以上よろしくお願いします。